健診事業について

当組合では、40歳から74歳の被保険者を対象とした「特定健康診査」と、組合員・第2組合員および30歳以上のご家族を対象とした「人間ドック」の2通りの健診を実施しております。

今年度の健診期間は、令和5年6月1日から令和6年2月29日までですので、積極的に受診くださいますようお願いいたします。

Q&A

特定健康診査

対象者※年齢は、今年度末(3月31日)に達する年齢

40歳~74歳の方
※75歳からは 、後期高齢者医療制度の助成対象となりますので、当組合から特定健診受診券を発行できません

自己負担額

負担なし

実施内容

(基本的な健診)

診察等 問診 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲) 血圧
血液検査 中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、AST(GOT) 、ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)、空腹時血糖またはHbA1c(NGSP)
尿検査 尿糖、尿蛋白

(詳細な健診)医師が必要と判断した場合のみ実施

貧血検査(ヘマトクリット値、血色素測定、赤血球数)
眼底検査
眼底検査
血清クレアチニン及びeGFR

実施機関

富山県医師会とりまとめ集合契約参加医療機関

受診方法

  1. 5月下旬に当組合より「特定健康診査受診券」を郵送いたします。
  2. 受診券が届きましたら、ご希望の健診機関に直接予約を取ってください。
    受診券は、健診当日に必要ですので、大切に保管ください。
  3. 健診当日、被保険者証・受診券を必ず持参してください。

特定保健指導

特定健康診査の結果、「動機付け支援」または「積極的支援」の対象と判定された方全員に、「特定保健指導利用券」と実施方法をご案内します。

人間ドック

対象者※年齢は、今年度末(3月31日)に達する年齢

組合員(年齢不問)
家 族(30歳~74歳の方)

自己負担額

脳ドック以外は、負担なし
※脳ドックを希望される場合のみ、12,000円を組合から補助し、差額は自己負担していただきます

実施内容

一般健診 問診、身体計測(腹囲含む)、血圧測定、
血液検査(血中脂質・肝機能・血糖)、尿検査、糞便
貧血検査、心電図、眼底検査、腹部エコー、胸部X線撮影、
胃透視または内視鏡検査
オプション 肺がん検診 胸部ヘリカルCT
乳がん検診 マンモグラフィ
婦人科検診 子宮頸部(体部)細胞診
前立腺がん検診 PSA検査(50歳以上の男性を対象)
肝炎検診 HCV抗体検査
脳ドック ※12,000円組合より補助(差額は自己負担)

特定健診項目は、必ず受けてください

実施機関

富山市医師会健康管理センターはじめ、富山県内の19か所の健診機関と契約しています

人間ドック実施機関一覧

受診方法

  1. 5月下旬に当組合より「特定健康診査受診券」または「人間ドック受診券」を郵送いたします。
  2. 受診券が届きましたら、ご希望の健診機関に直接予約を取ってください。
    受診券は、健診当日に必要ですので、大切に保管ください。
  3. 健診当日、被保険者証・受診券を必ず持参してください。

受診券の種類

  1. 40歳~74歳の方
    特定健康診査受診券(A4 白)
  2. ①以外の方
    人間ドック受診券(A4 黄)

    ※6月以降に加入された方で受診券が必要なときは組合へ請求してください

その他健診に関する留意事項

  • 今年度75歳に達する方へ

75歳からは、後期高齢者医療制度の助成対象となりますので、当組合から特定健診受診券を発行できません。

組合員の方は、誕生日以後も人間ドックが受診できます。ただし、当組合へ第2組合員として残られる場合の届出をされた方に限ります。

ご家族の方は、75歳の誕生日前日を有効期限とする人間ドック受診券(A4 黄)を発行しますので、75歳のお誕生日の前日までお受けください。

  • 特定健診・特定保健指導は自家健診ができますが、自己健診(医師が自分自身の健診を行う)は認められていません。請求方法等はQ&Aをご参照ください。