第三者行為を受けたとき

交通事故等の被害者の治療費は本来加害者が負担すべきものです。組合は一時的に治療費を立て替え払いしたあと、後日、加害者に請求します。

第三者行為の被害となる例

  • 交通事故(バイクや自転車によるものを含む)
  • 他人のペットなどによるケガ
  • 不当な暴力や傷害行為によるケガ
  • スキー、スノーボードなどの接触事故
  • 他社所有の建物での設備の欠陥などによる事故
  • 購入食品や飲食店などでの食中毒

示談は慎重に!

  • 当組合への届出前に示談が成立するとその取り決め内容が優先されることがあります。
  • 被害者が治療費を含む賠償金を受け取ると、その日以降、被保険者証を使って治療を受けることができなくなり、組合が加害者に対して治療費の請求ができなくなります。

提出書類

  • 「第三者行為関係」
  • 事故の状況により2種類の申請方法がありますので、まずは組合へご連絡ください。